旅のびぼうろく

旅行の個人的な詳細の備忘録✈️🌈

春の稚内・小樽 day2

朝2時にロビー集合という早さ。

1人は起きてこないので脱落笑

車で走って日本最北端の地へ。

f:id:ohiruyasumiha:20211016110401j:image

人はほぼいない。

待てども待てども日が出てこない。

f:id:ohiruyasumiha:20211016110434j:image

もう昇ってしまったのか。それともこれからなのか。

途中で

たぶんだけど曇ってて見えないだけでもう昇っちゃった。

と気づいた。

早起きしてここまで来たけど残念ながら日の出は見れず。

それでも最北端にはしゃいで写真撮った。

海は海藻が浮いていたりして汚い。

向こうの方に見える陸地はロシア!?と思ったけど

たぶん樺太!?ぽい。

f:id:ohiruyasumiha:20211016110504j:image

ここにも鹿いた。

f:id:ohiruyasumiha:20211016110539j:image

 

ホテルまで戻って朝ごはん食べて改めて集合。

近くの市場でお土産物色。

ウニ買ってそこで食べてた。

f:id:ohiruyasumiha:20211016110548j:image

少しもらって食べたけど確かに美味しかったかも。

 

そこからは寄り道しながら小樽に向かってひたすら走る。

まずはトナカイ牧場。

f:id:ohiruyasumiha:20211016113126j:image

トナカイたくさんいた。

f:id:ohiruyasumiha:20211016113136j:image

餌もあげた。
f:id:ohiruyasumiha:20211016113151j:image

 

おろろん食堂でお昼。

f:id:ohiruyasumiha:20211016113213j:image

目で幸せな海鮮丼定食とみんなで海老ラーメン1つ。

f:id:ohiruyasumiha:20211016113232j:image

定食についてたお魚まで美味しかった。

海老ラーメンもおいしい!

f:id:ohiruyasumiha:20211016113241j:image

 

ペーパーたちもみんなでびくびくしながら運転。

f:id:ohiruyasumiha:20211016113318j:image

途中で海見えた。

f:id:ohiruyasumiha:20211016113343j:image

みんなが行きたがった増毛の酒造へ。

f:id:ohiruyasumiha:20211016113357j:image

皆は飲んでた。ここからは飲まない私の運転。

隣のかまぼこ店?でかまぼことアイス。

f:id:ohiruyasumiha:20211016113411j:image
f:id:ohiruyasumiha:20211016113415j:image

ドライブっぽい~!

 

夕方18時ごろ無事に小樽着。

f:id:ohiruyasumiha:20211016113430j:image

まだ明るい小樽も散策。

f:id:ohiruyasumiha:20211016113453j:image

一旦チェックインして夜ご飯へ。

お寿司!

f:id:ohiruyasumiha:20211016113517j:image

窓側の席だった。
f:id:ohiruyasumiha:20211016113515j:image

 

食べ終わって夜の小樽も散策。

綺麗だな〜。

f:id:ohiruyasumiha:20211016113603j:image

 

 

春の稚内・小樽 day1

昨年に引き続き
同じメンバーで同じ時期に北海道旅行へ。
6月17日(土)〜19日(月)
今年は月曜日を休んで2泊3日!
皆で休んだので勘がいい人にはバレてるかも・・笑
 
朝7:50の飛行機に乗る為羽田へ7時に集合。
しかし楽しみからか、
気合が入って6時半には全員揃っていた笑
私は前日2時頃まで飲んでて睡眠時間約2時間程笑
羽田までは送ってもらったんだけども
一緒に飲んでいたから睡眠不足の巻き添えに・・
ほんとにありがとう!

時間まで椅子でぐだぐだしてJクラスに搭乗!
・・もちろん起きたらそこは北海道は旭川の地だった。。。

2人しかレンタカー屋さんまで行けないということで
空港で待機。
今年もしっかりお天気が良く、とっても気持ちがいい!!

車はプリウス
時刻は10時頃。
本日のホテルまで250km以上あるので
とりあえずひたすら向かう。
f:id:ohiruyasumiha:20211016110000j:image

途中で立ち寄った道の駅で昼食。
ゆでたまごのサービスがあった。
うまい具合に殻がつるんと剥けた。
私はスープカレー
f:id:ohiruyasumiha:20211016110015j:image
おいしい〜〜!

またしばらく走る。
トイレ休憩にまた別の道の駅へ。
空気が気持ちい〜

その後はどこも寄らずに走る。
走る。ひたすら走る。車が。
f:id:ohiruyasumiha:20211016110228j:image

そしてついにホテルへ到着!!
遠かった〜。
一切運転してないけど!

夕食の居酒屋さん開店まで
しばしお部屋で休憩。
例により寝不足の為仮眠。

ホテルから歩いてすぐの居酒屋さん。
えぞ番屋。
カニが美味しかったー!
f:id:ohiruyasumiha:20211016110044j:image
 
食べ終わってまた部屋で休憩して再集合。
サンセットを見にノシャップ岬へ。
ホテルの方に教えてもらった行き方だと、
途中の見晴らしのいい展望台?
みたいなところで落ちる前の夕日が観れた!
利尻富士との写真も撮れた〜
f:id:ohiruyasumiha:20211016110101j:image

そして日没ギリギリとなってしまい急いで走る。
途中鹿がいた!!

ノシャップ岬。
f:id:ohiruyasumiha:20211016110119j:image
人はまあまあいた。
寒い。とにかく寒い。
6月とはいえもっと防寒してくればよかった。
f:id:ohiruyasumiha:20211016110158j:image
それでも綺麗なサンセットに
見とれて、はしゃいで、写真を撮った。
f:id:ohiruyasumiha:20211016110137j:image
日が沈んでからは誰もいなくなったので
カップルにはそこまで待ってるのがオススメかも笑
寒さに耐えられればだけど・・

帰り、北海道定番のコンビニ、
セイコーマートで朝食を買ってホテルへ戻る。
コンビニと言えばセイコーマートが9割だった。

明日も2時起きと驚きの早さなので就寝。
(電話していて結局この日も1時間程の睡眠だった・・)

GWの三重 day3

相変わらずのどんよりお天気。
こんなに雨続きな旅行は初めて。。。
チェックアウトして津駅までバスで行って
そこから電車で伊勢市駅へ向かう。
電車は2〜3車両ほどしかなく
観光客の量に対して席が足りていない。
最後まで座れなかった。


降りたら、こんなにたくさんどこにいたの?
と思うくらいの人。

f:id:ohiruyasumiha:20201016155411j:image
昨日の津とは大違い。
夫婦岩にも行きたかったけど
場所が離れているので諦めた。
これは正解だったな。


目の前の鳥居をくぐって
伊勢神宮外宮までの道を歩く。
人がたくさん集まっているお店に惹かれ
伊勢うどんを食べることにした。
これが令和初のお食事。
もち巾着にうどんがくるまっていた。

f:id:ohiruyasumiha:20201016155818j:image
伊勢うどんはこしが無く柔らかいんだなあ。
少し歩くと今度はプリンアイスが。

f:id:ohiruyasumiha:20201016155839j:image
美味しかった。


ようやく外宮入口へ辿り着く。

f:id:ohiruyasumiha:20201016155908j:image
鳥居の外から行列ができていた。
御朱印の列の様で、なんと5時間も並んでる
等と言う声が聞こえてきた。
到底無理なのでいち早く諦める。
中を進んでいくともう一つ御朱印の列があった。
既に書いてあるものを配ってもらう列とのこと。
せっかくなのでこちらを購入することに。
30分程でもらうことがきた。


雨がちらほら降り始めた。
しっかりお参りして少し散策してから
外宮を後にして内宮行きのバスの列に並んだ。
この列がとても長かった。
雨も降る中、結局2時間くらいは並んだのかな。。。


バスを降りて内宮入口に着いてみるとびっくり。
沢山の人で溢れかえっていた。
朝からうどんとプリンを半分ずつしか食べていないので
とてもお腹が空いていたが、
新幹線の時間を考えると
おかげ横丁に寄る時間が無く断念。
1歩も入ることができなかった。
こちらも鳥居の外から並んでいる御朱印の列を横目に
同じく鳥居の外からの入場列を進んでいく。
1本橋でつながっている為少しずつしか入ることができない。
中に入ってもご正殿まで長かった。
ようやく正殿の下までたどり着く。
しかしこちらも多くの人で、
それも皆傘をさしているので中々進まない。
それどころか上の様子をうかがうこともできない。
そうこうしているうちにだんだん時間が迫り、
ついには間に合わないかもしれないということで
お参りするのを諦めることにした。
なんてこった。。。
ここまで来てお参りしないで帰るなんてことがあるんだ。。。
列から抜け出し早足で帰路へ急ぐ。


ここからどうやって駅まで行くかが問題だった。
先程と同様で
臨時バスは乗るまでにもはやどのくらいの時間がかかるかわかない。
タクシーも行列ができている。
最寄りの五十鈴川駅までなら3km。
徒歩約40分。。。
よし歩いて行こう。
こうして、最も時間の読める徒歩を選んだ。
雨の中早足でひたすらに歩いた。


まだ5分しか歩いてない中、
通常の路線バスのバス停にバスが止まった。
五十鈴川、宇治山田、伊勢市駅、外宮のみ止まります。」
なんと目的の伊勢市駅に止まるとの事。
しかもがらがらで座れる。
迷わずバスに飛び乗った。
なんてラッキーだったんだろう。
この旅で1番のラッキーだった。


道路の混雑で伊勢市駅に着いたのは、
乗る電車出発のギリギリ直前だった。
あのまま歩いていたら完全に間に合っていなかった。


バス降りて走って名古屋行の電車に乗車。
トイレすら行く余裕もなく
(車内にあったので助かった)
お土産など1つも購入できなかった。
相席だったけどボックス席で座れたので
やっと落ち着くことができた。
食料も調達できず、
空腹がピークに達していて
相席の方が食べているおやつがとても羨ましかった。
仕方がないので寝ているうちに、名古屋に着いた。


こちらでも新幹線の時間まで余裕はない。
ダッシュで駅弁を購入。
お土産よりもご飯!
無事に新幹線に間に合った。
指定席だけど並び席は取れなかったので、
1人で黙々とご飯を食べた。


GWと改元が重なり超混雑にぶつかってしまった。
もうGWの旅行は諦めよう。。。
それでも文句を言わず付き合ってくれたことに
感謝しかない。

 

Italy day2

6時に起きた。
隣もすっと起きたのにはびっくりした。
あの寝坊大王が笑
ブュッフェの朝食美味しかった。
f:id:ohiruyasumiha:20201016174536j:image
 
昨日着いたのとは違う最寄りのPonte Lungo駅から
1本でオッタビアーノ駅へ移動。
駅を出てとりあえず人が行く方向に着いていく。
わからなくなって迷っていると
ガイドの人が声をかけてきた。
バチカン博物館のSkip lineを購入したら?とのことで
バチカン博物館、サンピエトロ大聖堂へ入れるツアーを購入。
ついでにコロッセオとフォロロマーノSkip lineも購入。
この時845分だったがツアーは910分から。
近くのカフェで待つことにした。
 
先程のお店に戻ると、少し歩いて別のガイドのところへ連れられ
そこから博物館の入口へ連れられ、
既に10数名集まっているツアーへ合流されられた。
f:id:ohiruyasumiha:20201016174634j:image
しかしまだ揃ってないとのことで待たされる。
その間も説明とかしてくれているけど
完全に英語なのでほぼわからない。
f:id:ohiruyasumiha:20201016174708j:image
ようやく中に入ったと思ったらチケットを買うのを待つ。
ツアー参加者の人が文句言い始めたけどそりゃそうだ。
なんのためのSkip lineなのか。。
やっと、イヤーガイドをして鑑賞が始まった。
f:id:ohiruyasumiha:20201016174753j:image
解説をしてくれているけどずっと英語。。
自由の利かないツアーだけど、
自分達で行くには、どのルートをたどれば効率が良いのか
全く分からないからツアーに入って鑑賞するしかない。
 
中の芸術はもちろんすごかった。
f:id:ohiruyasumiha:20201022142810j:image
特に天井等の壁画。すごい。
f:id:ohiruyasumiha:20201022142914j:image
高い所へ直接描いているのか
描いた絵を貼り付けているのか聞こうにも聞けなかった。
f:id:ohiruyasumiha:20201022142942j:image
天井の壁画はもちろん、最後の審判には圧倒された。
神聖な場所だから、写真もおしゃべりもNG。
ただ、シーっていう係員の声が1番大きかった笑
 
満足するほど眺めたら、また集合して外に出て解散。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143026j:image
そこはあのバチカン市国が見渡せるところ。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143053j:image
広い。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143110j:image
サンピエトロ大聖堂の中を見学。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143128j:image
ガイドに載ってたピエタを見逃したのは残念。
また外に出て写真撮影。
カラフルな制服の護衛の人、ピクリとも動かないので
プチ撮影スポットになってた。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143214j:image
 
すぐ隣に黄色いポストを見つけ、はがき送をろう!
っていうことでバチカンから自分宛てにエアメール送った。
出してから13日後に無事に届いて感動。
はるばるやってきたんだね。
 
広場まで下りて写真撮影。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143303j:image
広い凄いでかい綺麗。
あほみたいな単語しか出ないけど
規模の大きさにこれまた圧倒された。
 
ここのワゴンの磁石を35€で買ったけど
後のパンテオン付近の小道の方が安かった。11€。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143327j:image
 
すでに13時近く。
気づいたらハラペコで、食べるところを探す。
とりあえず歩いていたらサンタンジェロ城にたまたま着いた。
袂の橋にも着いた。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143408j:image
綺麗。
でも日差しが強く暑いしお腹は空いたしで残りゲージわずか。
f:id:ohiruyasumiha:20201022144957j:image
なんとか近くのレストランに入る。
テラス席が良かったけど満席で中。
生ハムのピザとおすすめされたクリームパスタ。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143527j:image
美味しかった。
 
そこから最寄駅まで歩いて10分強。
2人共疲れてきていてどうしようかと話していたら
観光ルーフトップバスの勧誘が。
うん、乗ってみたかったし24時間使えるということで利用。
24時間で1人20€。
これがとてもよかった。
観光できないところもルーフトップから見渡せるし、
素敵な景色に心地よい風で大満足。
 
見えてきたコロッセオの余りの大きさにびっくり。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143728j:image
想像していた何倍も上を行く。
真横を通って下車。
近づいてみてさらに大きい。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143637j:image
その大きさにまた圧倒。
ローマではほぼ全部の観光地に圧倒させられた。
 
Skip Lineで並ばずに入場。
金曜日のこの時もまあまあ列はできていた。
中は遺跡と言う感じ。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143755j:image
2階にも上がれるけど、ステージの下はツアー参加者のみらしい。
この広さいっぱいの観客が残虐な剣闘を観ていたのか。
 
無料の飲料水を汲んで一口飲んでみたら
少しぬるっとしてる!?
それまで飲んでいた日本水とのギャップに思わずこぼしたが
思いとどまって大事な水を残した。
あたりまえだけど特にお腹痛くなったりしなかった。
 
歩いて5分のところにあるフォロロマーノ
Skip line専用の列が見つからず10分程並んで入場。
遺跡がごろごろ。
f:id:ohiruyasumiha:20201022143854j:image
でもやっぱり解説が無いから
進み方も落ちてる遺跡がなんなのかもよくわからず。
f:id:ohiruyasumiha:20201022144004j:image
優しい警備員さん達に真実の口までの行き方を教わる。
気力で30分くらいは歩いたかな。
石畳地獄。
途中、雨も降ってきた。
タクシー呼び止めるも、ぼったくり過ぎて諦める。
 
やっとのことで着いた。
あれ思ったより人いないな・・
あれ?え?今日は終了ー・・
30分前の1740に終了。
なんだその半端な時間・・
仕方なく柵の外から写真を撮って明日また来ることに。
f:id:ohiruyasumiha:20201022144055j:image
 
近くのバス停からバスでテルミニ駅を目指す。
チケットは乗る前に売店で購入しないといけないようで
買い方わからず無賃乗車に・・
まれに抜き打ちチェックもあるようだから次は買わないと。
道路も石畳だからガタガタ揺れる。
逃げるように降りて、
歩き疲れたのでとりあえず休憩。
 
少し回復したところでショッピング。
と言っても特に買わなかったかな。
 
友達に教えてもらったというところまで歩いて行き夜ご飯。
道中の、夜のローマ市街が綺麗だった。
f:id:ohiruyasumiha:20201022144303j:image
f:id:ohiruyasumiha:20201022144331j:image
頼んだのは生ハムとパスタとお肉の何か笑
f:id:ohiruyasumiha:20201022144408j:image
ブッカティーニのアマトリチャーナ美味しかった。
牛肉と書いてあったけど、
とても牛肉には思えず笑
f:id:ohiruyasumiha:20201022144435j:image
デザートにはティラミスを食べた。
f:id:ohiruyasumiha:20201022144500j:image
 
さすがに歩けないのでタクシー呼んでもらいホテルへ。
日本よりは安いくらいかな。
ぐったり疲れて私だけお風呂入って就寝。
 

GWの三重 day2

朝起きてまず窓の外を見る。
雨は止んで・・ない。


バスに乗って駅まで向かう。
鳥羽の方を周りたいので急遽レンタカーを借りることに。
ただ、GWで予約なしだったので
さすがに空いている車が少なく、
3社目でようやくちょうどよい車を借りられた。


ほとんどまっすぐな道を渋滞なく進んでいった。
ホテルに朝食は付いていなかったので
ここまで何も食べてなく、お腹がすいてきた。
海鮮丼を目指していたが、
少し何か食べようとコンビニに寄った。
ここで寄っといてよかった。
そこから少し走ると初めての渋滞が。
素直に並んでいると
1時間程並び続けて水族館へ入場の渋滞だと判明・・。
無駄に並んでしまったけど気を取り直して進む。
コンビニで立ち読みしたるるぶ
目を付けていた海鮮丼屋さんの2つの内1つは
車がいっぱいで入れず断念。
もう1つの海太郎へ行った。
食べるところが少なく、雨の中30分以上は待った。

ようやくたどり着いた海鮮丼。
思っていたのとは違かった。

f:id:ohiruyasumiha:20201016111813j:image
次は地中海村に向かう。
三重の観光地を調べているときに
偶然ネットで見つけて一目ぼれしたところ。
いわゆる映えスポット!
ただアクセスが悪く最寄駅から車で20分程で
路線バスは無いのでタクシーが無難。。
行けないかなーと思ってたけど
レンタカーなのでばっちり行ける!
ということで連れて行ってもらった。


行ってみると丘の上の林の奥?みたいなところで
確かにこれは行きづらい。
無料の駐車場に停めると若い女性3人組も
ちょうど行くところだった。
さすが映えスポット。
小さな入口で受付を済ます。
地中海村は全体がホテなので基本建物の中には入れない。
雨が強くなる。
なんてこった。。。
それでも一通り回った。
あいにくの天気だけど1つだけよかったことは
お客さんが少なかったこと。

f:id:ohiruyasumiha:20201016111934j:image
GW中だし天気がよかったらきっとたくさんの人がいて
写真スポットもいちいち待っていたんだろうなあ。
それでもやっぱりできれば晴れが良かったけど。

f:id:ohiruyasumiha:20201016112021j:image


小さなお土産屋さんもしっかり見て
30分くらいの滞在だったかな。
でも想像通り可愛いかったのでOK。

f:id:ohiruyasumiha:20201016112006j:image
もう少し時間があるので近くの展望台に。
これまた奥まった1本道だったけど
渋滞なくすんなり駐車場に停められた。
階段を上ると展望台があった。

f:id:ohiruyasumiha:20201016112044j:image
人すくな!何も見えな!
絶景が見えるはずのところは霧がかかっていた。
人も合計で5組いたかいないかと言う、
ほぼ貸切状態。
少し歩ける小道も寄って、
少し上に上がれるところにも登って。
人がいないからすんなり行けるのはいいね笑
それでもこの頃には最初に着いた時よりは
霧が薄くなっていて半分ほど
薄暗い景色を観ることができた。

f:id:ohiruyasumiha:20201016112112j:image
カフェはもう営業時間が終わっていたので残念。


ぼちぼち良い時間なので帰路へ向かう。
ホテルでもらったリーフレット
道の駅があることを発見。
道の駅が好きらしくこちらも寄った。
お土産もたくさん売っていたけど
荷物になるし明日のおかげ横丁で買えるだろう
ってことでここでは買わないことにした。
ここで買っておけばよかった・・・。
ようやく雨も止みはじめた。
ほんと地中海村の時がピークだったな。。


帰りもほぼ渋滞なく無事に
返却時間までにレンタカー屋さんに着いた。
さすがのエコカー、ガソリンは安く済んだ。
1000円しないくらいだったかな。


夜は駅前で飲むことにした。
けれどびっくりするくらい
ちょうど良いお店が少ない。
ホルモン屋さん、鉄板焼き屋さんは
並んでいたので断念、
駅にもう少し近い餃子屋さんに決めた。
メインの餃子は終わっちゃったらしいけど。
それでも色々な種類の
変わった餃子が食べられた。
とても美味しかった。
途中で気付いたけど
これが平成最後の晩餐。お食事だった。
雨はすっかり上がっていたので
ホテルまで歩いて帰ることにした。
ほろ酔いで上機嫌なので歌を歌いながら。
ホテルの最寄りのコンビニでアイスと飲み物を調達。
幸せなひととき〜。

 

GWの三重 day1

2019年4月29日-5月1日。

2泊3日2人で61,200円。

 

10:26発東京発。

余裕をもって1時間前には東京駅にいた。

13:09名古屋駅に到着。
人が多い。
ちょうどお昼時で駅中はどこも混んでるため
次の目的地、熱田駅まで行くことに。
その前に駅地下で大福を買って電車の中で食べた。
ずんだとチョコ。
熱田駅名古屋駅に比べたら人は少なかった。
名古屋と言ったらひつまぶし!
と言うことでひつまぶし屋さんを目指す。
有名な熱田蓬莱軒本店が近くにあるようだけど
きっと混んでるだろうということで
別のお店、熱田辨天というところにした。
ビルの中にあり、待つところが狭かったけど
そこで20分程待った。
彼は通常サイズ、私はハーフサイズを注文。

f:id:ohiruyasumiha:20201011001247j:image
ご飯の量は変わらないので量は充分だった。
美味しいー!!
ひつまぶしに間違いはない!
しっかり一通りの食べ方で食べて大満足。


お店を出て目の前の道路を渡って熱田神宮へ。
そこからだと正面ではなく横から入れるようだ。
鳥居のところでお辞儀する。
木陰になっている涼しい道を歩いて行く。
にわとりが放し飼いされている。
観光客はほどよくたくさんいる。
メインの境内へのお参りは少しだけ並ぶくらい。
御朱印もすぐもらえた。
敷地内を歩いて回る。
思っていたより広かった。


神宮を出て次の目的地長島へ向かう。
1度名古屋駅へ戻る行き方が1番早いらしい。
始点なのでホームがいくつかあった。
座れない。
乗ってからしばらく発車しなかった。
30分程で長島駅へ到着。
ここで降りる人はほとんど目的地は同じだろう。
路線バスに乗り換える。
専用の送迎バスではないんだなー。有料だし。
まだ明るいけど熱田にいた頃より寒くなってきた。


なばなの里へ到着。
前から行ってみたかったけど中々簡単に行ける距離ではない。
だから今回来れてよかった。
イルミネーションまで2時間程時間がある。
とりあえず一周する。
歩き回っていた疲労と、寒くなってきたこともあり、
休憩がてら足湯で温まる。
無料なのはありがたい。
それでもまだまだ明るい。
入場券に1,000円分のチケットが付いてるから
園内で夕飯を済ませることに。
トンカツに決めたけど30組以上待つぐらい混んでいた。
みんな同じ考えなのかもしれない。
仕方がないので名前を書いて待つ。
もう歩き回るのも疲れて
ひたすらにベンチで休んでいた。


1時間は座っていたかもしれない。
少し寒い上にちらほら雨も降ってきた。
何をやっているんだかわからなくなってきた・・。

 

18:50頃ようやくイルミネーションが点灯された。
音楽も流れて一気に気分も上がる。
そうこうしているうちに
ようやくトンカツが食べられた。
食べ終わって店を出ると雨は本降りになっていた。
それでもメインはここからなので
イルミネーションを見て回る。
雨でも綺麗だった。

f:id:ohiruyasumiha:20201011001401j:image
写真を撮るのに濡れるのが気になるけど。


名物の光のトンネルも屋根になっているわけではないので
傘から出れば濡れる。

f:id:ohiruyasumiha:20201011001346j:image
メインの富士山のイルミネーションにも辿り着いた。

f:id:ohiruyasumiha:20201011001420j:image
お花はこっちにもたくさん咲いていたんだね。
満喫したところで、退園してまたバスに乗る。
帰りはさすがに大きな観光バスになっていた。


駅に着いた途端走ってすぐの電車にギリギリセーフで乗る。
1時間近くで津駅に到着。
津駅から路線バスでホテルへ。

エコノホテル津。
1日目はこれで終了。

Italy day5,6

8:30頃チェックアウトをする。
この時初めて他の宿泊者と出会った。

メストレ駅まで歩き、そこから
マルコポーロ空港までのバスに乗る。
駅目の前のバス停ではなく
メストレ駅に向かって左側を歩いて行くと出てくる
バスターミナルで乗車する。
自動発券機で券を購入する。
大きいバスに半数ほど乗車してたかな。
20分程で着くらしいがもっと長く乗っていた気がする。

 

マルコポーロ空港に着いた。
余裕を持って早く来たため
乗る飛行機のチェックインがまだ行われていない。
その前に、ローマでブランド物を買った友達が免税手続きを行った。
知らなかったら忘れてしまいそう。

20分程待ってようやく手続きができるようになり、荷物を預けた。
ローマで飛行機を乗り継ぐが、荷物は日本まで受け取らない。
無事に着きますように!
航空券はここで2区間分発券した。
どちらも通路側の並び席にしてもらえたので良かった。
往路は窓側で、トイレが自由に行けないというのを味わったからだ。
景色が観れていたのはよかったけど。

 

ホテルで朝食を取っていなかったので、カフェで朝食をとる。
イタリアで最後のピザ。
もちろん美味しかった。

近くのショップでお土産をみる。
小さいしお店がここしかない?し、であまり種類が無かった。
仕方なく(?)ばらまき用のお土産を買った。

 

10:55ヴェネチアを発った。
短いフライトの為、機内で食事は出なかった。

12:05レオナルドダヴィンチ空港に戻ってきた。
乗り継ぎに向かう。
途中生ハムを見かけ、そのバーで食事したかったけど
値段と時間を見て諦めることにした。
15:15発。なんせそれまでに買い物も満足にしなければならない。

 

ブランドショップが立ち並ぶ。
友達がパスケースを見始めた。
あれ、どうしようお財布欲しくなっちゃった。
というか小さいお財布がずっと欲しくて
いいのと出会ったら買おうとずっと思っていた。
何軒かみて、PRADAに入る。
ああやっぱりPRADA可愛いな欲しいな。
友達によると、イタリアのブランドだから
日本で買うより、関税も消費税も免除されるから安いとのこと。
しかも、びびっと来たのに出会ってしまった。
可愛い。
買ってしまった。
日本で買うよりたぶん3万円程安く購入できた。
大満足。
友達もGUCCIだったかな、で購入していた。
2人とも大満足で、免税品コーナーへ。
わたしはお財布を買ったので化粧品は諦める。

お土産を見ることにした。
たくさんあったのでマルコポーロ空港で
買わなくてもよかったな。

さらにその奥のお土産屋さんで
おしゃれなパスタとかオリーブオイルとか
売っていたのでそちらでも買った。

 

気づけばもう搭乗時間。
トイレに行ってお水を買って
友達と搭乗列で合流。

イタリアとバイバイした。

座席は真ん中の通路側だったので
トイレに気兼ねなく行けて良かった。

機内食は行きと同じように食事とおにぎりと軽食が出た。

寝たり本読んだりしているうちに
10:30ついに帰国した。
日本はどしゃぶりだった。

乗り継ぎもあったので少しだけ不安のあった荷物も無事に運ばれていて安心した。
友達は最後の免税での買い物をしていた。すごい。
たばこは持込み数に制限があるようで持ち込みに協力する。

入国もスムーズに済んだ。
ここから最寄駅まで、バスで帰ったか電車で帰ったか覚えていない。。
最寄駅からは友達のお父さんが送ってくれた。

平日の昼間の帰り。
とても充実していて大満足の旅行だった。

一緒に行ってくれた友達に感謝!